【チンジャオ娘 最新作】 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 【感想・ネタバレ】

目次はこちら

チンジャオ娘×小桜クマネコ

『ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして』大人気エロ漫画を手掛けた二人が再結成♪

最新作‼︎

早く読みたいという方は下の画像から本作品のページに直接行けるので、まずは試し読みからどうぞ。

こちらから無料試し読みが出来ます。

リンク先検索窓で「手塩にかけたと」検索

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

感想&ネタバレ

 

俺の名前は中村俊樹

某大手ソフトウェア開発会社でシステムエンジニアをやっている。

勤続20年目にしてやっとチームの主任になった。

若い連中はいいよな色んな才能があって

ないもんな俺にはこれといって・・・

だけどいいんだそんなものなくても

俺にはこっちの方が大事だ

ガチャ

「ただいまー!」

「あ お父さん帰ってきた!」



タッタッタッ

 

可愛いと評判でしかも父親想いの優しい一人娘陽葵(ひなた)の存在

しかし娘があまりにも自分と似ていないという見た目と

ただの一度も似てると言われた事がない事実から、俊樹はある時DNA鑑定を依頼する。

 

そして突きつけられたのは「親子関係0.00%」という結果。

 

妻に裏切られた怒りと日々発育していく娘に遂に俊樹は一線を超えてしまう。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

「娘じゃないなら…ヤってもいいんだよな」

 

 

親父ぶっ壊れる

 

 

愛情と肉欲の間で乱れに乱れまくる

 

 

何が正しいのか分からなくなる

 

チンジャオ娘×小桜クマネコ

『ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして』

を手掛けた二人の

最新作で衝撃作が遂に解禁

 


管理人
管理人

手掛ける作品は大ヒット

チンジャオ娘さんの新作が

3月25日にBookLIve!コミックで解禁となりました‼︎

とっても衝撃的な内容となっております!

是非ともご覧ください♪

 

 

あらすじ

「娘じゃないなら…ヤってもいいんだよな」
DNA鑑定で判明したのは十数年に渡る妻の裏切り。
その瞬間から愛娘が、若い極上のメスにしか見えなくなって
――目に入れても痛くないほど可愛い一人娘。
命より大事な宝物。
しかし娘があまりにも自分と似ていないという事実に疑念をつのらせていた夫は、ある時ついにDNA鑑定を依頼。
そして突きつけられたのは「親子関係0.00%」という結果。
裏切られた怒りと絶望に飲まれた男は、大切に育ててきた娘を…あどけない顔立ちとは裏腹に発育の良い、安産型の若い肉体を欲望のままに貪って、自らの手で傷物にしてしまう。
しかし父親想いの娘は、それでもまだ男と親子でいることを望み…それからというもの妻には何も知らないふりを続けながら、ひとつ屋根の下で暮らす「血の繋がらない若い女」との交尾に明け暮れる日々。
そして娘もまた、その身体を自ら望んで父と呼ぶ相手に捧げるようになり…!?

 

 

 

管理人
管理人
今回の作品は

血は繋がってないとは言え

禁断の父×娘モノ(ゴクリ)

背徳感が凄い分そそられます。

 

 

登場人物紹介

中村俊樹

某大手ソフトウェア開発会社でシステムエンジニアとして働き。勤続20年目にしてやっとチームの主任になる。

自分にはなんの才能もないと人生を悲観しているが、ただ1つの自慢が可愛くて素直な娘の存在である。

 

陽葵

陽葵(ひなた)、俊樹の娘で女子高生。

可愛いと評判で芸能業界への勧誘もあったが、バトミントン部に注力したいという本人の意向で断った。

胸が大きくIカップの持ち主だがバトミントンで鍛えてるだけあって、健康的な身体をしている。

父親想いの娘。

 

陽葵の母(俊樹の妻)

料理上手の母。

俊樹とは社会人サークルで知り合った。人付き合いが好きで活発な性格。

俊樹と付き合うほんの直前まで彼氏がいたようだが・・・

旦那と娘を残して、友達と3日間旅行に出かける。

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」の見どころ 三選‼︎

管理人
管理人
それでは本作の見どころを3つあげたいと思います。

 

陽葵(ひなた)の魅力

 

本作のヒロインにして主人公中村俊樹の娘である陽葵、可愛いと評判で芸能界からも勧誘がある程だ、バトミント部に所属しておりとっても健康的な身体をしている。

しかもその豊満な胸は実にIカップ(アイカップ)もあり実に発育がいいのだ♪

見た目にも十分に魅力的だが、その性格は優しく父親想いで男に慣れてないせいかどこか無防備すぎるところもある。そこがまた可愛い♪

魅力的なヒロイン陽葵はどのようにして性へと目覚めていくのか見所である。

管理人
管理人
陽葵ちゃん

本当にいい子なんだよなあ…

 

俊樹陽葵が実の娘じゃないと知ってからの豹変ぶり

 

本作はタイトル通り、

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」

父親である俊樹が娘である陽葵と性的な関係を持つという話である。

俊樹は初めのうちは娘の事を大切にするいい父親である、娘の事を唯一の希望とも思っていた、

俺にはなんの才能もないけど…可愛い一人娘がいるからな

しかしDNA鑑定をして陽葵が自分の娘じゃないと分かってからの豹変ぶりは物凄いものがある。

作中の俊樹のセリフでこのようなものがある。

「お前はセックスするために今まで俺が育ててきたんだ…家畜も同然…っ」

娘の事を唯一の希望とまで思っていたのに、家畜とまで言ってしまう心境の変化とはいったい…⁉︎

俊樹の豹変ぶりも見所の1つである。

管理人
管理人
娘を家畜扱いするこの親父は鬼畜ですw

娘が自分の子じゃないと分かってからぶっ壊れますorz

 

父親を許し奉仕する陽葵

 

ほぼレ○プに近いカタチで処女を俊樹に奪われる陽葵だが、行為の後に自責の念に襲われる俊樹は警察に出頭しようとするが、

陽葵はそんな俊樹を許し、

「今までみたいに暮らそうよ」「お母さんにも言わないから…」

と言う、

それだけでなく、父親の性処理を自ら進んでするようになる。

「お父さん…お父さんの気持ちいいことしてあげる……」

次第に性への快楽へと溺れていく陽葵、父親との性行為は次第にエスカレートしていく……

管理人
管理人
ストーリーも引き込まれるのですが、

やはりそこはチンジャオ娘さんの手がける作品

エロいです‼︎

 

BookLive!コミック

公式優良サイトで無料試し読みをする♪

リンク先検索窓で「手塩にかけたと」検索

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

BookLive!コミックについて詳しく知りたい方は下記の記事も合わせてどうぞ!

 

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」無料全話ネタバレ

2020年3月末現在「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」は1話〜6話までがBookLive!コミックにて配信されています^ ^

他サイトでの公開は現在されておりません!

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」が読めるのは

BookLive!コミック だけ

そしてまだまだ続きますので、公開され次第随時更新していきますので是非とも定期的に当サイトをチェックして下さい♪

またネタバレが嫌な方は見ないで下さい。

それでは1話から順にネタバレしていきます

第1話 娘がただのメスになった日

会社では他の才能ある若い社員に引け目を感じ、羨ましいとさえ思ってしまう中年会社員、

中村俊樹

しかしそんな彼にもただ1つ誇れるモノがあった。

それは自分のすべてをかけて大事に育ててきた一人娘

陽葵(ひなた)

の存在である。

しかしある時自分に似ても似つかない娘を疑問に思い、

DNA鑑定を依頼する。

そして突きつけられたのは「親子関係0.00%」という結果。

妻に裏切られた怒りと日々発育していく娘に遂に俊樹は一線を超えてしまう。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

「娘じゃないなら…ヤってもいいんだよな」

 

他人だったら問題ないよな…

ヤっても…!

今まで意識していなかったが…よく育った巨乳じゃないか

体つきも女らしくむちむちしてて…

毛の生え具合はどんなもんだろう

初潮は小5くらいだったな…

ガシッ

陽葵の肩を掴む俊樹

急に強い力で掴まれたので怯えた表情を浮かべる陽葵

「妻とはもう何年もセックスしてないが…」

「ここに良い肉があるじゃないか…!」

「お父さん…?」

「ちょっと…」

「お父さん…っ」

管理人
管理人
お父さん‼︎

娘でも駄目だし、

娘じゃなくてもヤッちゃ駄目ですよ!!

それは純粋な犯罪です(キリッ)

 

詳しいネタバレ&感想はコチラ↓

 

第2話 中に出したけど親子じゃないから問題ないよな

もはや後先なんてことは一ミリも考えていなかった。

他人をここまで育ててきて俺にはこれくらいする資格があるとすら思っていた。

ただ本能のままに…

この「女」の光が当たらないところを強く見たい衝動のままに。

 

「ほら後ろ向け…!」

ソファーから移動して俊樹は陽葵(ひなた)をカーペットの上に押し付けていた。

「ねえ本当もう…やめてよお父さん……」

「やめるわけがないだろう ただパンツを脱がすだけだ!十何年前にもやっただろ!」

陽葵はぷるぷると震えていた、

「ねえお父さん本当にやだのもうこんなの… お願いだからやめてよ……」

「ははっ おーら脱がすぞー」

後ろから娘のパンツを脱がす俊樹

「やっぱりもう立派に毛が生い茂ってんな…!」

「セックスできる歳だもんなそりゃそうだよな〜」

「……‼︎」

目を瞑って涙を流す陽葵

「悪いけど…泣いてるところを見るともっとやりたくなっちまうよ…!」

「セックスしたことある?クラスメイトか誰かと…!」「まあ、ないよな」

「おーおー昔見たま○こがそのまま大きく大人になった感じだな」

くり…くりくり グチュ

遂に娘と一線を超えてしまう俊樹、ひたすら涙を流しながら中止を求める陽葵になおさら興奮を覚え、止まることしない俊樹は一体どうなってしまうのか⁉︎

 

管理人
管理人
フィクションだからこそ実現出来る

エロさが

そこにはある‼︎

 

詳しいネタバレ&感想はコチラ↓

 

第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして

もはや肉欲のみで行動していた。

陽葵は毎日のように見ている。

それこそ朝晩欠かすことなく。

おはようからおやすみまで言い合うほどに顔は毎日見ていた。

その時起こらなかった感情が今は起きている。

陽葵の裸を見るのは数年ぶりだが、数年前とは明らかに違う大人になった

生殖も可能な陽葵の体。

生き物の強い本能の前に理性などとうに忘れていた。

ズプッ ズプッ ズプッ

カーペットに押し付けた状態でを後ろから犯す俊樹

「はあ…っ」「あ…っ」「あ…っ」

「お前はセックスするために今まで俺が育ててきたんだ…」

「家畜も同然…っ」

「十何年と育ててきたんだ しっかり報いるんだ…俺に…!」

ぱんっ ぱんっ ぱんっ

「だいぶこなれてきたというか…スムーズに出し入れできるようになってきたじゃないか」

「分かるか陽葵 この穴は男のチ○コを擦るための穴なんだぞ…!」

「俺が擦るために育ててきた肉穴なんだ」

「いやっ… やめてよ…… お父さん……」

「キツイな… 処女だから そうだよなあ?」

「…はー…… キツ……」

「お前のクラスメイトでもお前とセックスしたい男はいくらでもいるだろうなあ…」

「俺のチ○コ入れてた穴を指で探ってやるよ… すっげえな…初めてなのに穴の中熱い汁がすごい……」

ぐちゅ… ぐちゅ…

もう完全にこの親父はぶっ壊れている。

 

管理人
管理人
この親父

最中ずっと喋ってるじゃねえか⁉︎

ずっと喋っているんだ!

 

詳しいネタバレ&感想はコチラ↓

 

第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから

俺は結局、出頭することなく家に戻ってきてしまった。

実際クズの行いと思われて仕方ないだろうが、

今後の人生が全く変わってしまう危機がなくなる、という

可能性をちらつかされて

それでも出頭するのなら

相当な正義感の持ち主だろう。

俺は次の日も何事もなく出勤し、

陽葵も何事もなく登校していた。

一晩考えなおしたところで陽葵はやはり俺に出頭を望んでいるのかもしれない。

…その際は出頭しよう。そう決めていた。

まだ妻は旅行の最中。

夜もどんな顔で陽葵に会えばいいのだろうと考えて帰宅し、

そろそろ晩御飯でも用意しようとする時だった。

「お父さん…お父さんの気持ちいいことしてあげる……」

「なんだ陽葵…っ」

「…お父さんの気持ちいいことしてあげるの」

「気持ちいいこと…?」

「その…私ずっとお父さんと一緒にいたいから…昨日お父さん戻ってくれたけど…やっぱり警察に行ったりしたら…」

「私やなの……」

「…行かないよ もう…」

「うそお父さん… お父さん私が本当に許してるのか怖いんでしょ…」

「お父さん正義感強いし… 何かあったらすぐ警察に行きそうだから…」

「私の思ってないことで警察になんか行かれたら…私やだよ…」

「…陽葵……」

「私にはお父さんが必要だから… お父さんにも私が必要って思って欲しいの」

「授業中…スマホでいっぱいえっちな動画観てたんだけど…」

俊樹のチ○コを自ら進んで弄りだす陽葵

むちゅっ んちゅっ ちゅっ❤︎

「おち○ちんにキスもしてたよ… すごい…おち○ちんドクンドクンしてる……」

「あ…っ‼︎ が…っ‼︎」

「ねえ… 気持ちいい? 私のやってるのちゃんと気持ちいい?」

「気持ちいいよ…っ 気持ちいい…っ」

「よ…良かった…!口もくわえてたりしたけど……

じゅぷっ じゅぷっ

 

管理人
管理人
ひっ陽葵ちゃん⁉︎

…陽葵ちゃん⁉︎

あっ…えっ⁉︎ひなっ…

ふぅっ

 

詳しいネタバレ&感想はコチラ↓

 

第5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて

「お父さんにいてほしいからってのもあるけど…この前の感情のままじゃ嫌だから……」

「今はもう入れて大丈夫だから…というより入れてほしいの」

「……セックスって気持ちいいらしいからそれ知りたいなーって……」

俊樹に処女を奪われて以来避けてきた挿入、

それを自ら挿れてほしいと父に申し出る陽葵

「……入れるぞ」

「……うん」

ずずずず…

「ん゛っ…」

「大丈夫か…?いったん抜くか…?」

「大丈夫…抜かないで…やっぱりお父さんの大きいから…」「少しびっくりしただけ…だから…」

「かわいいな 陽葵の声……」

「え……」

「息遣いとか もう女の子じゃなくて女性だ」

「ちゃんと大人の声が出せてる」

「…そう?」

「そう」

「昔からかわいかったが…今はもっとかわいい」

「そっか…やっぱり私のことかわいがっててくれたんだね」

「お前が赤ちゃんの時からずっと見てきたからな…」

「ねえお父さんキスしてよ」

「ほっぺに…?昔もやった…」

「違うの口で…」

「大人になったって言うんならしてくれてもいいでしょ」

ちゅっ♡

「…好き …お父さんのこと」

「好きだから… お父さんのこと…っ どこにも行ってほしくないの…っ」

ずっぷ ずっぷ ずっぷ

 

管理人
管理人
ひっ陽葵ちゃん⁉︎

えっ⁉︎ええぇ⁉︎

あっ…すごい!

ふぅっ

 

詳しいネタバレ&感想はコチラ↓

 

第6話 妻に隠れて若い娘と浮気交尾に耽る日々

ぺろぺろ ちゃくちゃく

「学校から帰ってきていきなり…」

「速くお父さんのおち○ちん食べたかったんだもん❤︎」

「本当に食べるなよ…」

「お父さんも… 早くなめてよ…」「約束したじゃん…!」

「…69するって…!」

「お…おお…」

「ちゃんと割れ目を開いて…」

「中の突起をなめてほしいの… ク…クリ…なんとかって…」

れろ れろ

「そう…そ…っ はあ…」「私いっつも…そこで一人エッチしてるの……」

「…お父さんおち○ちんのどこが気持ちいいんだっけ? ここだよね?」

「指でわっかにできるところ……」

「お…っ!」

「やっぱりここなんだ へぇ〜このおち○ちんで…おかあさんともセックスしたんだ…」

「……」

「このち○ちんでお母さんの中でも射精して…私の中でも射精したんだよね」

「へえ〜おもしろ〜い…」

「これで私とお母さんの中でドピュッって……」

 

管理人
管理人
この娘

最中ずっと喋っているんだ!

やっぱりちゃんとそこは父娘じゃないかw

 

詳しいネタバレ&感想はコチラ↓

 

※第7話の情報はまだありません、配信され次第アップします!

 

 

BookLive!コミック

少年誌、少女漫画、青年誌、TL、BL、成年漫画と幅広いジャンルを取り扱っている本サイト♪

その数なんと100万冊以上!!

もちろん今超人気、みんな大好き、私も大好き「鬼滅の刃」などのジャンプ作品も単行本で置いてあります♪

BookLive!コミック(公式優良サイト)はこちらから

こちらから無料試し読みが出来ます。

リンク先検索窓で「手塩にかけたと」検索

BookLive!コミックについて詳しく知りたい方は下記の記事も合わせてどうぞ!

 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 作者情報

 

作者情報

チンジャオ娘

ヒット作を量産する、才能溢れるストーリーテラー、

様々なシチュエーションで物語を作れる

作品一覧

  • ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
  • いじめっこ女子と無人島に漂流したら
  • 【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
  • 日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~
  • 人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~
  • 某有名私立大学ヤリサーの実態~合宿で一緒になったお嬢様大学生達の場合~  他

小桜クマネコ

女性の身体の描き方が凄くリアルでエロさ120%

今まで数多くの作品を世に生み出しています。

作品一覧

  • ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
  • いじめっこ女子と無人島に漂流したら
  • ビッチと過ごす俺の夏!!
  • 家庭教師サラの放課後ご褒美
  • オトナの実演販売~ブルマを履けばイイですか?~

 

本サイトでは他にも以下の作品も紹介しております↓

間男レンタルサービス

間男レンタルサービス

ネタバレ&感想ページはこちらから

間男レンタルサービス まとめ

 

ここまで読んで頂きありがとうございました^ ^